忍者ブログ
自作アナログゲームの紹介ブログです。 新作紹介のほか、過去作のフォローも行なっていく予定です。 ツイッターのアカウントはこちらになります。 https://twitter.com/horiba_wataru よかったら、フォローをお願いします。

だいぶ日が経ってしまいましたが、ゲームマーケットの2日目について、備忘録代わりに綴ってみたいと思います。


2日目は堀場工房も出展しました。
今回は初の2日開催ということで、いろいろわからないことも多く、リスクを避けるためにブースも試遊無しとしました。
再販がメインだったこともあり、これはこれで正解だったかなと思います。


会場に到着後、すぐに設営にかかりましたが、今回は前日に家でブース配置のシミュレーションを行っていたため比較的スムーズにいった……とは思いますが、それでも結局開場ギリギリまでかかってしまいました。


開場後、ありがたいことに堀場工房のブースにもちょっとだけ行列が出来ました。
とはいえ、春に比べるとそれほど多くはなかったので、わりとすぐに列は解消したように記憶しています。
その後も、1時間くらいはほとんど人が途切れることなく対応していましたが、全般的に前回に比べれるとかなり余裕があったと思います。


後日、主催からのアナウンスで2日目の入場者数は8500名と発表されましたが、単純にいって前回の6~7割ということになります。
そういう意味では、体感と実数はわりと合致していたように思います。


さて、そんなこんなでお昼過ぎにはかなりまったりモードになりまして、この感じも3回くらい前までのゲームマーケットと同じ印象でした。
以前は13時を過ぎると人も減り、そのままゆるゆると終わっていく感じだったのですが、今回はそれに近かったと思います。


ただ、ありがたいことに新刊の『ゲーマー妻のユーウツ』の持ち込み分はあらかた売れてしまい、再版の『みかんdeキャッと!』と『PACIFIC GO』も残り僅か。新作の500円ゲーム『ねどこをねらえ!』はそこそこ残りましたが、まぁこれは想定内といったところです。


というわけで、堀場工房としては概ね成功だったと思います。


また、今回はお隣が「ぐうのね」さんだったのですが、いろいろとお話しできたのが個人的には大収穫でした。
じつは『チューリップ・バブル』が欲しくて、でも一般参加者の方を優先すべきだし、早々に売り切れたら辛すぎる! と気が気ではありませんでした。
で、お隣で売れていくたびに、ちらちら眺めてはヒヤヒヤ……。
10時半か11時頃だったか、人が途切れた頃を見計らって「すみません……1個売っていただいてもいいですか」と恐る恐る声をかけたところ、快く応じていただけました。


いやっほう!


というわけでGetしたのですが、今考えたら、サインをもらっておけば良かった!!
でも、こういう時にサインをお願いするのって、どうなんだろう?


他の場合もそうなんですが、人にサインをお願いするのって、忙しくないだろうか、書くの嫌じゃないだろうか、とか色々考えてしまって、つい躊躇っちゃうんですよね。


ちなみに私はサインをお願いされるのはOKだし、めちゃくちゃ忙しい時でもなければ書くのも構わないのですが、そもそも求められていませんね、そうですね、すみません。


もう一つ、今回のゲームマーケットで印象深かったのは、なんといってもCygnusさんのブースで開催された「三人展」ですね。
自分のブースがあったので一瞬しか見に行けなかったのですが、3人の作家さんがそれぞれの腕を振るってダイスタワーにアートを施していて、いやあ眼福、眼福。


ノスゲムさん作はアンティーク調の落ち着いた雰囲気で、17~18世紀のアメリカか英国の家に置いてあったかも、というような、そんなダイスタワーでした。


久遠堂さん作のダイスタワーはそれとは真逆の「和」で、赤と黒を基調としつつ繊細且つ大胆に白鳥が描かれており、工芸品といっても遜色ない出来だったと思います。


最後の一つは、猫でした。


で、その猫を描いたのがたちばなだったわけですが、私がこっそりと三人展を見に行った時にCygnusさんが「作家さんのご主人がお見えになりました!」と大声でアナウンスされたのには閉口しました。


いや、私、関係ないですやん!


一瞬、周囲はどよめきましたが、そのどよめきがそのまま「???」となるのが痛いくらいわかりました。


そりゃそうですわ……。


まあ、そんなこんなで、今回のゲームマーケットもとても楽しかったです。


タイミングが合わず、ご挨拶できなかった方もいたのが心残りですが、お互い出展者だとそれも仕方のないことですね。


今年も残すところあと僅かとなりましたが、堀場工房は来年に向けてすでに制作を開始しております。
年齢的にも、体力的にも、あと何回ゲームマーケットに出展できるかわかりませんが、気力の続く限り頑張っていこうと思います。


今後も堀場工房をよろしくお願い致します。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
堀場
性別:
男性
職業:
ミリタリーライター兼ゲームデザイナー兼シナリオライター 要するに色々やってます
趣味:
ボードゲーム
自己紹介:
目標は日本一の猫ゲームデザイナー。でも戦車のゲームとかも作ってるよ!
P R
忍者ブログ [PR]