忍者ブログ
自作アナログゲームの紹介ブログです。 新作紹介のほか、過去作のフォローも行なっていく予定です。 ツイッターのアカウントはこちらになります。 https://twitter.com/horiba_wataru よかったら、フォローをお願いします。

こんにちは、堀場工房です!


さっそく『みかんdeキャッと』の遊び方を……の前に、コンポーネントについて少し説明をしたいと思います。


まずはこの「文旦」。
通常サイズの「みかん」に比べて、この大きさ!

  
オレンジ色が通常のサイズのみかんです


この「文旦」はゲームの種類によって、あらかじめガラスの器に入れておきます。
ちなみにこのゲームのキャラクター猫の名前は「ブンたん」といいます。


次にカードですが、このように数字が2種類書かれています。
 
画像は開発中のものです

左右下の丸数字は連番、大きい数字は点数(または載せるみかんの数)を表しています。


そして遊び方その1では、こちらのルーレットも使用します。


遊び方その1の場合、ルーレットに描かれたみかんの数が、自分が載せなければならないみかんの数となります。


スタートプレイヤーから順に、自分の手番が来たら、ルーレットを回す前にチャレンジするか、それとも降りるかを宣言します。
降りた場合、このラウンドはもう一切みかんを載せることはできません。


チャレンジする場合はルーレットを回し、止まった場所に描かれた数のみかんを載せます。
チャレンジに成功した場合、山札からカードを引きます。そこに書かれた数字が点数となります。


こうして続けていき、誰かがみかんを落としたらそのラウンドは終了します。みかんを落としたプレイヤーはカードを1枚、ランダムに失います。


先に降りた人も含め、新たなラウンドを開始して、山札からカードが無くなった時点でゲームは終了、その時点でもっとも得点の多いプレイヤーが勝利となります。


ここで、例外が1つ。
カードの中に1枚だけこの「ちゃぶ台返し」が入っています。
  
画像は開発中のものです

このカードを引いたプレイヤーは、使う時まで手元に持っていて構いません。


効果は2種類あります。


効果1
 自分の手番の最初に使用を宣言する。文旦を除くすべてのミカンをガラスの器から取り除く。その後、ルーレットを回してゲームを再開する。


効果2
 自分の手番の時にミカンを落としてしまった場合、1回だけ「落とさなかった」ことにしてプレイを続ける。


こんな感じで、あと5パターンほど遊び方がありますが、続きはまた後日にしたいと思います。


『みかんdeキャッと』のほか、『PACIFIC GO』と『筋肉猫』は現在、絶賛予約受付中です。


ちなみに『みかんdeキャッと』の予約受付数は3月24日現在で残り8個となっております。


なお、予約はこちらで受け付けております!

『みかんdeキャッと』は予約受付数に達したため、締め切りました。
多数のご予約、ありがとうございました!


https://form.os7.biz/f/2657152d/

ご予約、お待ちしております!

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
堀場
性別:
男性
職業:
ミリタリーライター兼ゲームデザイナー兼シナリオライター 要するに色々やってます
趣味:
ボードゲーム
自己紹介:
目標は日本一の猫ゲームデザイナー。でも戦車のゲームとかも作ってるよ!
P R
忍者ブログ [PR]