忍者ブログ
自作アナログゲームの紹介ブログです。 新作紹介のほか、過去作のフォローも行なっていく予定です。 ツイッターのアカウントはこちらになります。 https://twitter.com/horiba_wataru よかったら、フォローをお願いします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今回は基本となる3~5人用ゲームをご紹介します。


 プレイヤーは缶詰を積み上げていき、最後に猫を乗せられたら、その下にある缶詰を獲得します。
 缶詰にはそれぞれ色が設定されていて、それによって点数が異なります。
 最終的に得点の多かったプレイヤーが勝利します。


 各プレイヤーには「にゃん札」と呼ばれる5枚の札が配られます。

 
 続いて、各プレイヤーには「ぼーにゃすカード」が2枚ずつ配られます。中身を見て、1枚は山に戻します(5人プレイのときは若干異なります)。
 ぼーにゃすカードには缶詰各色の得点が記載されています。


 
 ゲームはラウンド制で、各プレイヤーはこのラウンドで行なうアクションを決め、その「にゃん札」を裏のまま前にだします。
 
 「にゃん札」の種類は以下の通りです。
缶詰……ストックにある缶詰を一つ選んでいずれかの「にゃんシート」に置く。


皿……いずれかの「にゃんシート」を選び、そこにある缶詰の上に皿を置く。ただし皿は一番下には置けない。


にゃんカード札……「にゃんカード」の山から1枚引く。カードは必要な時に実行可能。


猫……いずれかの「にゃんシート」を選び、そこにある缶詰またはお皿の上に猫を置く。お皿が置かれていない「にゃんシート」は選べない。


※にゃんカード札と猫札は使い捨てです。


 「にゃんシート」とはフェルト製のシートで、3人プレイでは2枚、4人以上の時は3枚を使用します。
 お皿は3種類あり、どのシートで使用するかが決められています。
 猫は2種類で、にゃん札には対応する2種類のカードがあります。


 全員がにゃん札を表にしたら、スタートプレイヤーから順に札の内容を処理していきます。
 この時、同じ猫札を出しているプレイヤーがいたら、それらのプレイヤーの猫札は没収され、このラウンドは1回休みとなります(例外アリ)。
 
 それ以外の場合は、自分の出した手札に描かれたモノをいずれかの山の上に乗せます。
 タイミングよく、そしてバランスよく、うまいこと猫を乗せられたら、その下にある缶詰はすべて貴方のものです。
 
 猫さん大喜び!
 
 こんな感じで上手く乗せてください

 他のプレイヤーが何の札を出すかを予想しながら、うまく相手を出しぬいて、缶詰をゲットしてください。
 
 ただし!
 
 欲張りすぎて、缶詰の山を崩してしまったらペナルティが待っています。
 
 山が崩れた場合、崩したプレイヤーを除き、スタートプレイヤーから順に崩れた缶詰を分配していきます。
 したがって、わざと他のプレイヤーに崩させるような戦術も有り有りです。
 
 1ラウンドが終了したらスタートプレイヤーカードを左隣のプレイヤーに渡して、プレイを続けます。


 こうして缶詰を置いていき、最後の缶詰がなくなったらゲーム終了です。
 「ぼーにゃすカード」に記載されている得点で自分の獲得した缶詰の点数を集計し、もっとも高得点を獲得したプレイヤーが勝利します。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
堀場
性別:
男性
職業:
ミリタリーライター兼ゲームデザイナー兼シナリオライター 要するに色々やってます
趣味:
ボードゲーム
自己紹介:
目標は日本一の猫ゲームデザイナー。でも戦車のゲームとかも作ってるよ!
P R
忍者ブログ [PR]